トップページ > グループについて > コンプライアンス

コンプライアンス

コンプライアンスへの取組み

大正製薬グループは、「健康と美を願う生活者に納得していただける優れた医薬品・健康関連商品、情報及びサービスを、社会から支持される方法で創造・提供することにより、社会に貢献する」ことを企業使命として、創業の精神である『紳商(※)としての企業活動』という考え方を大切にし、誠実に熱心に事業活動を展開していくことを心掛けてまいりました。

グループ社員全員が、この考え方を正しく理解し、各自の職務において常に実践できるように、コンプライアンスに取り組んでおります。

(※) 紳商:「紳士の商人であれ」という創業の精神
   「社会・生活者の皆様に正々堂々と胸を張れるように、正直・勤勉・熱心に紳士的なビジネス活動を実践する」ということ。

コンプライアンスへの考え方

大正製薬グループは、コンプライアンスを事業運営の柱と位置付け、「法令のみならず、様々な社会規則や社会常識、企業倫理等の社会規範と、大正製薬グループの行動基準(経営理念、企業行動宣言、全社行動指針、社内規程等)を遵守し、ステークホルダーの皆様への責務を全うすること」と考えております。