トップページ > グループの事業内容 > セルフメディケーション事業 > 研究開発

研究開発

「安全性」「効き目」「利便性」の、3つの視点を大切にした、研究開発活動を展開しています。

新領域・新効能の開発で、新たな市場を創造

セルフメディケーション事業における研究開発は、 OTC医薬品に求められる 「安心して使えること」「よく効く薬であること」「利便性が高いこと」この3つの生活者視点から展開されています。「安全性」「効き目」に関するニーズにはスイッチOTC薬などで対応。「利便性」に関しては、特殊容器の採用で防腐剤フリーを実現したボトルタイプの目薬や、坐薬タイプの即効性のある便秘薬などを開発し、みなさまの使いやすさに応えた製品の開発を次々に行っています。

同事業では、生活者の多様化するニーズにお応えするため、これまで蓄積してきた開発ノウハウを活かし、新規成分、新規効能を持つOTC医薬品を開発しています。
現在当社が主力としているドリンク剤、総合感冒薬(風邪薬)、毛髪用剤等はもとより、生活習慣病領域のスイッチOTC薬から、飲料や化粧品まで、幅広い領域に取り組んでいます。
今後さらにニーズが高まり成長が見込める分野のラインナップ拡充に努めてまいります。

品質評価として、錠剤や顆粒剤などから、一定の時間に溶け出す有効成分の量を測定するために行う溶出試験のようす。

品質評価のための分析において、前処理として原料などから抽出した液を濃縮します。

内服液剤など試作品の有効成分の安定性を確保するために行う定量分析(薬物安定性評価)を行っています。

総合研究所は、 OTC医薬品および医療用医薬品の基礎、探索研究から開発研究まで、すべての研究が行なわれています。
詳しくは、大正製薬株式会社ウェブサイト内総合研究所ページ をご覧ください。


大正製薬Webサイト

リポビタンD・パブロン・リアップ等、多くの方々に親しまれているブランドを持つ大正製薬株式会社のWebサイトです。