トップページ > 社会・環境への取組み > 社会活動 > 上原美術館

公益財団法人 上原美術館

上原美術館は2017年11月3日、上原仏教美術館と上原近代美術館が一つとなり、リニューアル・オープンしました。

仏教館(旧・上原仏教美術館)では、平安・鎌倉時代の仏像から、奈良時代の古写経、近現代の仏像まで幅広い仏教美術を収蔵しています。2017年に新築された展示室は、仏教美術などを鑑賞するのに理想的な環境をととのえ、国宝・重要文化財も展示できる施設となっています。
近代館(旧・上原近代美術館)では、印象派やマティス、ピカソ、安井曽太郎、須田国太郎、小林古径等による絵画を収蔵しています。作品を身近に感じられる住宅スケールの展示環境で、ゆったりと鑑賞をすることができます。

上原美術館は、これらのコレクションを中心に企画展を開催するほか、伊豆の古い仏教美術を紹介する活動を行なっております。そのほか、専門家を招いた講演会・講習会の開催、学校と連携した出張授業や授業入館を行い、幅広い文化振興活動に取り組んでいます。

地元保育園の授業入館の様子

ギャラリートーク(作品解説)の様子

2017年度の文化普及活動

  • 収蔵品を中心とした年間3回の企画展覧会
  • 国内展覧会への収蔵品の貸出
  • 著名人による講演会の開催
    講師・山田五郎氏
  • 美術館だよりの発行
  • 月1回の学芸員によるギャラリートーク(作品解説)の開催
  • 実技・美術講座の開催
     仏像彫刻教室、写経教室、日本画教室、デッサン・水彩画教室、仏教美術講座、実技講座の教室生徒作品展
  • 地域の学校等と連携した教育普及活動
     授業入館、出張授業、職場体験、教育研修の受け入れ、ワークショップの開催など

※公益財団法人 上原美術館の詳細はこちら。


トップへ戻る