トップページ > ニュースリリース > フルルビプロフェン含有消炎鎮痛貼付剤の販売開始について

フルルビプロフェン含有消炎鎮痛貼付剤の販売開始について

2013年1月31日

当社の連結子会社である大正富山医薬品株式会社(本社:東京都豊島区、社長:大平 明、以下「大正富山医薬品」)は、日本薬局方フルルビプロフェンを有効成分とする医療用消炎鎮痛貼付剤「ヤクバン®テープ」「ステイバン®パップ」「フルルバン®パップ」を本年4月1日から販売することになりましたのでお知らせいたします。

現在、「ヤクバン®テープ」は株式会社トクホン(本社:東京都港区、社長:田邉 芳男、以下「トクホン」)が製造し、田辺三菱製薬株式会社(本社:大阪市中央区、社長:土屋 裕弘、以下「田辺三菱製薬」)と科研製薬株式会社(本社:東京都文京区、社長:大沼哲夫、以下「科研製薬」)が販売、「ステイバン®パップ」はトクホンが製造し、田辺三菱製薬と祐徳薬品工業株式会社(本社:佐賀県鹿島市、社長:上野 啓一、以下「祐徳薬品工業」)が販売しています。また、「フルルバン®パップ」は大協薬品工業株式会社(本社:富山県富山市、社長:石黒 淳一)が製造し、田辺三菱製薬(トクホンを通じた販売)と科研製薬および三笠製薬株式会社(本社:東京都練馬区、社長:緒方巧、以下「三笠製薬」)が販売を行っています。

今般、トクホンが田辺三菱製薬、祐徳薬品工業との販売委託契約を終了することに伴い、本年4月1日以降、上記2社が行っていた上記3製品に係る販売を大正富山医薬品が行うことになりました。

大正富山医薬品は、大正製薬グループの中心となる医療用医薬品の国内販売会社です。感染症、炎症・免疫を重点領域としており、本件によって炎症・免疫領域における製品ラインアップを拡充いたします。また、当社のグループ会社であるトクホンは、大正富山医薬品との連携による当該製品の売り上げ最大化、および医療現場における多様なニーズにお応えすることを通じて、患者さんの生活の質(QOL)向上に貢献できるものと考えています。

※「ヤクバン®テープ」は大正富山医薬品と科研製薬、「フルルバン®パップ」は大正富山医薬品と科研製薬および三笠製薬の併売となります。尚、「ステイバン®パップ」は大正富山医薬品のみの販売となります。






ニュースリリース一覧

グループ会社のニュースリリース