トップページ > ニュースリリース > 経口用セフェム系抗生物質製剤「トミロン®細粒小児用20%」新発売のお知らせ

経口用セフェム系抗生物質製剤
「トミロン®細粒小児用20%」新発売のお知らせ

2018年2月26日

大正製薬ホールディングス株式会社[本社:東京都豊島区、社長:上原 明]の子会社である大正富山医薬品株式会社[本社:東京都豊島区、社長:藤田 憲一]は、経口用セフェム系抗生物質製剤「トミロン®細粒小児用20%」(一般名:セフテラム ピボキシル)を2月26日に新発売いたします。

「トミロン®細粒小児用20%」は、富山化学工業株式会社[本社:東京都新宿区、社長:岡田淳二]が、1990年より販売している「トミロン®細粒小児用10%」の高含量製剤として開発し、製造販売承認を取得した薬剤です。
近年、小児の呼吸器・耳鼻咽喉科領域感染症では、肺炎球菌やインフルエンザ菌などの薬剤耐性菌が増加し、経口セフェム系薬ではPK/PD(薬物動態/薬力学)理論に基づく検討から、高用量投与が推奨されています。一方で、高用量投与により1回服用量が多くなり、服薬コンプライアンスの低下が懸念されております。そのため、PK/PD理論に基づき、かつ1回服用量を少なくし患者さんの服薬コンプライアンスを高めるため、現在販売している「トミロン®細粒小児用10%」の含有量を2倍にした「トミロン®細粒小児用20%」を開発いたしました。

「トミロン®細粒小児用20%」の概要は以下のとおりです。

販 売 名
トミロン®細粒小児用20%
一 般 名
セフテラム ピボキシル
効能又は効果
○小児
〈適応菌種〉
セフテラムに感性のレンサ球菌属、肺炎球菌、大腸菌、クレブシエラ属、プロテウス属、モルガネラ・モルガニー、プロビデンシア属、インフルエンザ菌
〈適応症〉
咽頭・喉頭炎、扁桃炎(扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍を含む)、急性気管支炎、肺炎、膀胱炎、腎盂腎炎、中耳炎、副鼻腔炎、猩紅熱

○成人(嚥下困難等により錠剤の使用が困難な場合)
〈適応菌種〉
セフテラムに感性のレンサ球菌属、肺炎球菌、淋菌、大腸菌、シトロバクター属、クレブシエラ属、エンテロバクター属、セラチア属、プロテウス属、モルガネラ・モルガニー、プロビデンシア属、インフルエンザ菌、ペプトストレプトコッカス属
〈適応症〉
咽頭・喉頭炎、扁桃炎(扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍を含む)、急性気管支炎、肺炎、慢性呼吸器病変の二次感染、膀胱炎、腎盂腎炎、尿道炎、バルトリン腺炎、子宮内感染、子宮付属器炎、中耳炎、副鼻腔炎、歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎
用法及び用量
○小児
通常、小児に対しては、セフテラム ピボキシルとして 1日量9~18mg(力価)/kgを3回に分割して経口投与する。

○成人(嚥下困難等により錠剤の使用が困難な場合)
咽頭・喉頭炎、扁桃炎(扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍を含む)、急性気管支炎、膀胱炎、腎盂腎炎、バルトリン腺炎、子宮内感染、子宮付属器炎の場合:
 通常、セフテラム ピボキシルとして成人1日150~300mg(力価)を3回に分割して食後経口投与する。
肺炎、慢性呼吸器病変の二次感染、尿道炎、中耳炎、副鼻腔炎、歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎の場合:
 通常、セフテラム ピボキシルとして成人1 日300~600mg(力価)を3回に分割して食後経口投与する。
なお、年齢及び症状に応じて適宜増減する。
包装
100g、0.25g×240包、0.5g×240包
薬価
186.00 円/g
製造販売承認取得者
富山化学工業株式会社
製造販売承認取得日
2016年2月15日
薬価収載日
2017年12月8日
発売日
2018年2月26日

ニュースリリース一覧

グループ会社のニュースリリース