大正製薬ホールディングス

OpenOpen

トップページ > グループについて > コンプライアンス > 大正製薬グループ 全社行動指針

大正製薬グループ 全社行動指針

  1. 法令遵守と高い倫理観
    私たちは、「紳商」の精神に反することのないよう、法令及び社内規程等を遵守し、高い倫理観を持って自らを律し、行動します。
  2. 合理的思考による業務の改善
    私たちは、業務を効果・効率的に行うために必要な合理的な行動は何かということを常に考え、継続的に業務改善に取組みます。
  3. 問題の原因究明と再発防止
    私たちは、常に問題意識を高め、解決すべき問題が生じた場合は、迅速に原因を究明し、問題の再発を防止するための対策をとります。
  4. 会社の資産・情報の保全と保護
    私たちは、生活者に満足していただける製品、情報等を世に送り出すため、経営資源である会社資産・情報を積極的に有効活用すると共に、それらの保全と保護に努めます。
  5. 生活者視点
    私たちは、私たちの事業活動を常に生活者の視点から捉え、生活者の健康でより豊かな暮らしの実現に、どのように貢献できるかということを第一に考えて業務を行ないます。
  6. 得意先、取引先との公正な関係
    私たちは、「紳商」の精神に則り、得意先、取引先と公正で合理的な関係を築き、維持します。
  7. 働きやすい職場づくり
    私たちは、人権や人格、個性や多様性を尊重するとともに、安全で差別のない働きやすい職場づくりを推進します。
  8. 株式市場向け情報の適切な取扱
    私たちは、株主、投資家に対して、当社を正しく理解していただくため、適切な情報を適時に開示します。
  9. 地域社会・環境との調和への努力
    私たちは、私たちを取り巻く地域・社会・環境に対し、それぞれの立場から積極的な役割を果たしていきます。