大正製薬ホールディングス

OpenOpen

トップページ > 社会・環境への取組み > 社会活動 > 上原美術館

公益財団法人 上原美術館

2017年11月3日、上原近代美術館と上原仏教美術館が一つとなり、上原美術館が誕生しました。印象派やマティス、ピカソ、安井曾太郎、須田国太郎、小林古径などを中心とした近代絵画、また平安・鎌倉時代の仏像から、奈良時代の古写経、近現代の仏像まで幅広い仏教美術も収蔵しております。
コレクションを中心とした企画展を開催するほか、伊豆の古い仏教美術を調査、紹介する活動を行っております。また専門家を招いての講演会や講習会、学校と連携した教育普及活動など、幅広い文化活動を通じて地域文化向上への貢献を目指しています。

地元保育園の授業入館の様子

ギャラリートーク(作品解説)の様子

2017年度の文化普及活動

  • 収蔵品を中心とした年間3回の企画展覧会
  • 国内展覧会への収蔵品の貸出
  • リニューアルオープン記念講演会「下田は東西の美術が出あう町̶上原美術館のたのしみ方̶」講師:山田五郎氏
  • 美術館だよりの発行
  • 学芸員によるギャラリートーク(作品解説)の開催
  • 実技講座の開催(日本画教室、デッサン・水彩画教室、写経教室、仏像彫刻教室)
  • 地域の学校と連携した教育普及活動:授業入館、出張授業、職場体験の受け入れ、中学・高校生のための夏休みワークショップの開催など
  • 文化財調査(寺院ほか)の実施

※公益財団法人 上原美術館の詳細はこちら。