トップページ > ニュースリリース > 大正製薬 物流2号棟が竣工

大正製薬 物流2号棟が竣工 - 2016年9月稼働開始 -

2016年8月25日

当社連結子会社である大正製薬株式会社[本社:東京都豊島区、社長:上原 茂](以下、大正製薬)が保有する、埼玉県さいたま市の大宮工場内に物流2号棟が竣工しました。

物流2号棟は、東日本大震災の教訓をもとに、建物全体を免震構造とするとともに、全てのフロアを平置き倉庫として耐震性を高めました。また、製品の品質確保のため、温度制御を行うことが出来る空調システムを導入しています。その他、製品用エレベータ・垂直搬送機を東西に各2機、医療用医薬品用の無線式カートピッキングシステムを配置、また、環境に配慮し、屋根には約300kWの太陽光発電装置を設置しました。生産物流拠点として、製品の安定供給を企図しています。

大正製薬は、大宮工場内に物流1号棟を保有し、大正製薬と大正富山医薬品(当社連結子会社)の製品を全国各物流拠点へ出庫、及び主に関東向けの薬局・薬店に出荷していますが、大規模災害時の対応強化などの面から、2015年4月より物流2号棟の建設に着手し、このほど竣工させたものです。

物流2号棟が竣工したことにより、生産物流拠点として、OTC医薬品及び医療用医薬品におけるスピードとバリデーションに対応できるものと考えております。

物流2号棟概要

名  称
大正製薬株式会社 物流2号棟
所 在 地
埼玉県さいたま市北区吉野町1丁目403番地
建  物
地上5階建て
建築面積
1,567.16坪(5,180.68m2
延床面積
6,796.35坪(22,467.26m2
建築施工
戸田建設株式会社
着  工
2015年4月
竣  工
2016年8月

ニュースリリース一覧

グループ会社のニュースリリース